2019年09月18日

子供のピアノ。

今日は、息子たちのピアノのこと。

5歳(もうすぐ6歳)の長男と4歳の次男にピアノを習わせているのですが、
正直、”もうやめさせようかなぁ”と思ったこと、数えきれません。(今日も思った…笑)

ピアニストにさせたいとは全く思っていなくて、将来ピアノが弾けた方がいいかな、ぐらいなのですが、
それでも、ピアノを習得するには母親のサポートが欠かせません。
(ましてやピアニストを目指すとなると、母が生活のほとんどを捧げ、家族のサポートが必要。)
できるだけ近道で上達するには、母が横について、無駄な練習をさせないように(変なくせをつけさせないように)監視しなければいけませんし、部分的な反復練習をやらなければ、上達はしません。母も子も、忍耐です。
これをスムーズに行えるわけがなく、必ず喧嘩勃発。言わなくてもいいことまで言ってしまうのもいつものこと。。。

ただ、考えようによっては、
私はあまり子供たちと一緒に過ごす時間がないので、ピアノに対して一生懸命になれる時間を共有することで、親子の絆を深めていけたらいいな、と思うところはあります。

私の母は、全く音楽のことはわかりませんでしたが、
何の迷いもなく、私に厳しくピアノをやらせました。
それは、私が大人になる頃には、社会は男女平等に働く時代がくるから、自立した女性にしたかったそうです。(ピアノじゃなくても、何でも良かったらしいけど)。
鬼にように怖かった母に、今になって感謝しています。

世の中の演奏家の方々は、陰で支えるお母さんの努力の賜でしょうね。
でもそれって、音楽に限らず、何の世界でも同じことが言えるのだと思います。
勉強でもスポーツでも、親の熱心な愛情が子供を育てていくのでしょうね。(押しすぎない、引き際も難しい。接し方は、こちらも勉強です。)

今日の晩から、また普段通りに練習開始したいと思います。
褒めることを忘れないように、自分に言い聞かせて

posted by kaorina at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

マスタークラスA

おはようございます
(なんだこの突然の更新ペースは・笑)

私がイタリアにいたとき、サルバトーレ先生は本当に親切にしてくださり、日々その温かさに感動しました。
例えば、夜の9時にパレルモ空港に着く予定で、先生が空港まで迎えに来てくださったのですが、なんと突然に便が変更になり、着いたのは夜の11時半。当時、携帯も持っていなくて連絡できなかったのですが、なんと先生はその間、ずっと待ってくださっていて、それでも温かい笑顔で「チャオ!」と迎えてくださいました。

生活の中で、どれだけ助けて頂いたかわかりません。(ちなみに、サルバトーレというお名前は、”救世主”という意味です)
帰国することになり、先生にこの感謝の気持ちを伝えたいのだけれど、言葉でも足りず、お手紙に書いてみても足りず、日本のお土産なんかでは全然足りず、結局そのままお別れとなりました。

帰国して、母にその話をしたら、
「あなたのその感謝の気持ちは、あなたの周りの人にできればいいんじゃない?そうやって巡っていけばいいと思うわよ」って。
母の言葉に救われました。
そのとき以来、いつも母の言葉が教訓のように、私の心の中にあります。

そう思っていたら、
なんと今回、12年ぶりかな?サルバトーレ先生が私の自宅で公開レッスンしてくださる運びになり、
私は全力でサポートするチャンスを得ました!
先生がレッスンに集中できて、ハッピーに過ごしていただきたい!その一心でした。
でも、不思議なことに、いくら私がそう思っても、それ以上のハッピーを私が頂いているのです。

結局、
するとかされるとかでなく、
人柄なんだな、と。
世界中どこにいても、国籍は関係なく、その”人”なんですね。
12年経って、そのことに気づきました。
というか、それも母は言ってたな
DSC_0016.jpg
神戸で再会できるなんて
このご縁に心から感謝
posted by kaorina at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

憧れ。

今は、レッスンを受けて作品を仕上げる年齢でもないので、
あらゆる音源を聴いてみて、刺激を受けている。

気が付くと、
勉強すべき曲とは全く関係のない作品や演奏ばかり視聴しているのだけれど。

中でも、アルゲリッチのピアノで、バレンボイム指揮のチャイコフスキーピアノコンチェルトにウルっときた。
幼少期からピアニストとして活躍してきたお二人が、今も変わらず、いや、さらに進化しながら舞台に立ち続け、世界中の聴衆に感動を届けているという現実。アルゲリッチは現在78歳、バレンボイムは76歳。
また、ホロヴィッツが75歳のときのラフマニノフピアノコンチェルト第3番のライブ映像にも驚愕した。
ずば抜けた頭脳と身体能力、そして才能をお持ちなのはわかるけど、それでも、現役で70代でも走り続けられるのは、相当な努力が伴うはずです。
本当に、尊敬でしかない。
実力は足元にも及びませんが、
巨匠の方々のような生き方に憧れと希望を抱いたのでした。
posted by kaorina at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンサートのお知らせ。

サルバトーレ先生マスタークラスの続編を書くつもりでしたが、
実況としましては、10月6日に控えたコンサートの曲が全く練習できていない状態で、焦っている次第です💦

普段の生活をしながら、音楽に集中することは難しく、
実家に移動して、深夜か早朝にピアノに向かっています。(旦那の顔を何日見ていないだろうか・笑)
自分の中で作品に対する理解が降りてくるまで、もう少しこの生活が続きそうです(なんとも不器用だなぁ)。

本番の舞台に乗せるまで、いくつかの段階がありますが、
今が一番苦しい、踏ん張り時だとわかっています。
ここを耐え抜いて、良い演奏ができるよう頑張りたいと思います!

10月6日のコンサートはこちらです
IMG_20190903_101735_281.jpg
歌とチェロの伴奏譜も読み始めないと。

マスタークラスの様子も、また書きます
posted by kaorina at 14:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

マスタークラス@

先週の金曜日から始まったサルバトーレ先生のマスタークラスin神戸、
全日程が無事に終了しました

思ったこと、感じたことがありすぎて、一気には書けないので、分けて書きます

今回は、私もレッスンを受講しましたが、
主に、レッスンが潤滑に行えるよう、そして先生がベストな状態でレッスンができるよう、
また、唯一の自由時間である昼食タイムと夕食タイムをいかに素敵な時間にできるか、
色々とプランを練ったわけなのですが、おもてなしとはもはや人間力が問われるほどのハードワークだと知りました(笑)
自分の要領の悪さにも驚く4日間でした

ただピアノが弾けるだけではなく、
語学ができることと、魅力的な人間であることは大事ですね。
サルバトーレ先生を見ていて、そう思いました。
どちらも磨いていかなくてなりません

夢のようで、一瞬に過ぎていった4日間。
私たちに感動と情熱と幸福を与えてくださったサルバトーレ・スパノ先生に感謝、
集まってくださった受講生のみなさんに感謝、
温かい空気を作り出して先生とみんなを支えてくださった通訳の峰松さんに感謝、
チームのように一丸となって作り上げたマスタークラスでした!!!
ありがとうございました!!!

今日はこの辺で
また書きます!!

IMG_20190908.jpg
一部の受講生とある日の食事会。
”ピアノやっててよかった!音楽って楽しい!幸せ”の笑顔
posted by kaorina at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

料理下手。

今日は、長男の月に1回の遠足の日ということは、お弁当の日

朝7時から作り始めて、後片付けが終わったのが、なんと11時
4時間もいる??この手際の悪さは何だろうか。。。
キャラ弁的なことは何もできてないし、こだわりの品もなければ見栄えもない
とりあえず、今は足がだるくて疲れたので、休憩しよう

毎日お弁当を作っているお母さん方は、一体どうしているのかな????
更には、働きに出るお母さんは、どうしているのかな????
休憩とかできないですよね(笑)!?

私は何でもパッパとできないから、
こだわるならとことんこだわって自分流の方法を探さないとできないんだろうなぁ

また時間に余裕ができたときにこだわろうかな(いつやねーん)
さて、
今から練習してレッスンしてきます

みなさん、良い一日を
posted by kaorina at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

イタリアの恩師

9月6日(金)〜9月9日(月)まで、
イタリア留学時の恩師サルバトーレ・スパノ先生が、私の自宅にて公開レッスンをして下さいます
10年ぶりの再会に心躍らされつつ、レッスンスケジュール管理や自分の練習のできてなさに(←レッスン受講するのに)、はっきり言って、、、焦っております

色々と買い出しにも行かないと
何がいいかな?やっぱり日本茶と和菓子は必須!?

私が先生のお宅でお世話になった時は、いつも奥様が手料理でもてなしてくださり、週末はホームパーティに参加させて頂いたのに、
私はというと、ネットでお店検索に必死という、、、申し訳ない

受講して頂くみなさんに、先生と素晴らしい時間を過ごして頂けるよう、努めます!
送迎のドライバーとしても安全運転で頑張ります

with20Maestro20Salvatore-2-thumbnail2.jpg
10年前〜!
現在の先生はダイエットしてかなり痩せたとか!?

また、来日の様子を書きます
posted by kaorina at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

キッズコンサート。

先日、幼稚園でキッズコンサートを開催しました

想像以上に真剣に聴いてくれて、
”一緒に歌おっか!”と言うと、ものすごく大きな声で元気いっぱいに歌ってくれて、
子供たちに感動を届けたい一心で頑張ったはずが、反対に、子供たちからたくさんの感動をもらいました

純粋に、子供は音楽が好きなんですね。
生の音楽を聴いて、一緒に歌って、興奮した様子が伝わりました。

世の中には色々な楽しみがあるけれど、
こういう感動があることを忘れないで欲しいな

ジャンルは問わなくていいけど、
それでもやはり、歴史あるクラシック音楽は尊く、体に深く浸透する。いつか自分を救ってくれるかもしれない。

私自身、これからもまた、探究していきたいと思います!

IMG_2019083.jpg
素敵な歌を聴かせてくれたソプラノの前田あすかちゃんと
協力してくれて、本当にありがとう!

IMG_20190831_113041.jpg
お迎えにいったときに、子供たちからのプレゼント!!!
めっちゃくちゃ嬉しかった!!!

音楽で心が通った一日でした!!!
posted by kaorina at 01:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

コーヒーカンタービレ。

フルートの川瀬礼実子さんと、三宮のuccコンフォートで演奏しました
素敵な作品ばかりを集めた1時間プログラムで、またどこかコンサート会場で演奏できたらと思いました
IMG_20190811jpg.jpg
園のお友達が聴きにきてくれて、キッズ大集合
大人の空間だったから、みんなが騒がないか冷や冷やしたけど、子供たちのためにも生の音楽を聴かせてあげる機会をもっと作っていけたらと思いました

まず第一弾は、8月30日にキンダーキッズインターナショナルスクール神戸シーサイド校でキッズコンサートを開催します
先日共演した、ソプラノの前田あすかさんが再び共演してくださることになりました。
1歳〜3歳のプログラムと、4歳〜6歳のプログラムを考えていて、楽しいコンサートを実現できたと思っています
posted by kaorina at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発表会。

長男(5歳)にとっては2回目の、次男(4歳)にとっては初めての発表会でした

次男、舞台に出てきた途端、固まる。。。
そして泣きモード
どうやってもダメな状態になり、そのまま退場(笑)えーーーーーーっ!!

続いて長男。
日々は、言うことを聞かない、いらんことばかりする、時間を守らないなど、グダグダの生活ですが、
なんと、舞台では堂々と出てきて(というかダッシュ)、そしてばっちり演奏!
(ん?本番に強い子だったの?わからないものだ。)

そして、
最後にもう一度、演奏のチャンスをもらった次男。
「できる!」という彼の言葉を信じて、今度は私と一緒に出場。
ん???え???まさか。。。また固まる???。
どう促しても無理で、結局一音も弾かずに再び退場。

会場外ではキャーキャーふざけている。
これは、帰宅したらどう説教しようか、私は考えていた。

この経験を絶対に無駄にしてはいけない。
むしろ成長のチャンス!
”失敗は成功のもと”を学ぶ日となった。
君たちの人生を応援してるよ!
IMG_20190805.jpg

posted by kaorina at 17:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする