2019年06月11日

個性と協調性。

一筋縄ではいかぬ我が長男のこと。

とにかく”こだわり”が強い。

自分がやりたいこと、ひらめいたことを現実化して完成させるまでは、誰が何を言おうと聞き入れない。
登園の時間、食べる時間、宿題の時間、就寝の時間等、彼にとっては時間など全く関係がない。
独創性があっていいじゃない、どんどん伸ばしてあげたらいいじゃない、と思うけど、
社会には”時間”というルールがある。

どれだけ能力があったとしても、社会のルールを守れないと評価されない。それどころか、その能力は潰されかねない。
それが現実だと思っている。

個性を伸ばしてあげようとすると、協調性に欠ける。
なんだろう、この反比例の図式。
いつか、大人になっていくうちに、バランスがとれていくのかな、と希望を抱いてみたり。

何かに熱中できること、想像力豊かであること、理想を現実にする努力を怠らないこと、
それらを大事にしてあげたいから、当分は時間のルールは諦めようかな。
こちらも葛藤の日々です

DSC_0773.jpg
彼にとってのユートピア!?

DSC_0754.jpg
初めてたたんだ洗濯物。
ここでもこだわり発揮で、私よりはるかに綺麗にたたんでくれた。
この必死な表情(笑)
posted by kaorina at 10:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]