2018年02月05日

芸術家。

録画していたアンリ・バルダ氏の昨年11月のピアノリサイタルの演奏を鑑賞した
DSC_3716.jpg

神がかっていた。
何かに操られているかのように、音楽が崇高で、人がなせる業だとは思えなかった。

芸術とは、芸術家とは、こういう域のことなのか、と思った。

その域に達するまでに、どれほどの険しい道を辿ったのだろう。
その域に達したとき、どのような世界を体感するのだろう。

バルダ先生のレッスンを受講した時、
作品の理解において、理論と想像力と鋭い耳で、一音ずつ地道に構築していくさまを知って、自分にはまだまだ努力が足りないことを痛感した。

突然に何かが手に入るわけではない。そんな魔法はいつかとけてしまう。

バルダ先生の演奏に、
努力の結晶の美しさを見た
posted by kaorina at 16:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

ゲーテ。

私はリストが好きで、
リストの作品はゲーテの文学作品なくしては語れない。
そんなゲーテがどんな人物だったのかと思い、数年前に買った簡単な文庫本をもう一度読み始めたら、心にささるささる・・・💡✨

人間たるものとはが凝縮されていて、共感と納得で、癒される

人生においても、育児においても、
自分を信じて前進できる気持ちにされてくれる

人は、
頭が良いことや人より何かが優れていることや地位や名声を手に入れるために努力するのではなく、
自分の人生を自分での足で歩むために努力する。

どの言葉も、
勇気が湧いてくる
みなさんも、是非📖
posted by kaorina at 01:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする